結婚式二次会の景品を選ぶ

結婚披露宴の2次会 / 参加賞の必要性

喜んでもらうためにやるべきこと結婚式のありようは、現代では実に多岐にわたっていて
人によってさまざまだといっても過言ではありません。

二人だけで結婚式を挙げたり、身内だけで食事会を開いたり、
そうかと思えば、大きな会場を借り切っておこなうこともあるでしょう。

ところで、もともとは結婚式の後、友人や気の合った仲間たちとの
短時間の語らいなどの場であったはずの二次会も、現在では
参加賞や景品までもが用意された盛大な催し物と化している場合があります。

そのため、引出物以上に、景品の選び方に二次会の幹事が
頭を悩ませることも、数多くあるのではないでしょうか。

祝う場所

確かに、新郎新婦に関係する親類縁者や上司、同僚、友人、知人など
数え切れないほどの人数が集まる結婚式は、みんなで新しい船出をする
二人を祝福する場所です。

だからこそ、二次会というイベント会場を設けて、来賓も結婚した当人たちも混ざって
楽しむ場所があっても良いのかもしれません。

気持ちを伝える

けれども、それは心からのお祝いの気持ちがあれば良いのであって
幹事が参加賞の選び方にまで心を砕き過ぎるのは、いかがなものでしょうか。

それではまるで、二人の結婚を言い訳にして、どんちゃん騒ぎや
お祭り騒ぎをすることが目的となってしまっているように感じます。

また、景品や参加賞として、どのような素晴らしいもの用意されているのかを
期待するようであっては、神聖な結婚という儀式に付随するものというよりは
下世話な宴会の続きのようです。