結婚式二次会の景品を選ぶ

結婚披露宴の2次会

昨今は、結婚披露宴がお開きになった後、
気の置けない友人連中が集まっての二次会を行うのが通例となってきました。

披露宴には参加することができなかった人も、この二次会で
新郎新婦に御祝いの気持ちを伝えて、楽しい雰囲気を
持って帰ってもらいたいと思うものです。

全体を見て考える

さて、この二次会は参加者が会費を持つ形で行われるのが一般的です。
ただ、たとえばアトラクションでゲームをしたとき、その景品代も会費の中から
充当するのかとなると、ケースによって違っているようです。

ある会では、要は飲み食いだけの費用として会費を充てて、
それ以外の、景品代やお土産代はすべて新郎新婦側が負担しています。

https://www.keihinevent.com/

かと思うと、二次会にかかる費用のすべてを会費で賄っている会もあります。
ただ、出席した人の大半が喜んで、会が盛り上がることを意図とするならば、
相応に豪華景品を用意しておくことが求められます。

そうなった場合、出席者からの会費の中から景品代を充てる、ということは、
言いかえれば、料理なり花なり、何かを削減しなければならなくなってしまうのです。

待望の時

多くの出席者に二次会を存分に楽しんでいただくためにも、景品代に関しては
新郎新婦側で負担するのが望ましい結果をもたらすようです。

もちろん、結婚式の二次会には費用の部分を抜きにして
新郎新婦を御祝いしたいという気持ちで参加されている方が
ほとんどですので、もてなす側としては
来てくれてありがとうという気持ちが伝わる形にするのが良いでしょう。