検索結果ランキングで上位に表示させる

 ホームページ制作で、コンテンツと同様に重要なのがseo対策です。
ホームページ制作会社では、コンテンツに凝った会社は非常に多いですが、
seo対策まで施している会社はそんなに多くはないです。
ですので、サイトのアクセスアップを図るためにはそこが狙い目となります。

ホームページのコンテンツがどんなにライバル企業よりも優れていても、
ユーザーの閲覧がないと意味がないからです。
ある意味では、ユーザーの訪問が最も重要であるといえます。
では、多くの人に見てもらうためにはどうしたらいいのでしょうか。

まずseo対策について理解しておくことが大前提となりますが、
ユーザーが望むホームページを閲覧するには、検索エンジンでキーワード検索を行います。
この検索結果ランキングで上位に表示させることができるかどうか、
この対策のことをseo対策というのです。

SEOを知る

上位に上がるためにSEO対策をしているところも増えてきていますが、
ユーザーが求めるHPになるには、まずは、地道な努力が必要です。
SEO対策は近年できてきた技術であり、知らない、理解しにくい方は沢山いらっしゃると思います。
そしてSEO対策は、日々進化をしています。

まずはSEO対策の会社にご相談下さい。
今の時代会社の業績にホームページはとても重要なものになってきています。
是非一度SEO対策を知ってみると良いと思います。新しい扉がひらきますよ!

個人ブログのseo対策

情報量やコンテンツの洗練度で法人ブログに劣ることの多い
個人ブログはどうしてもseoで不利になりがちです。

特にビッグワードでいきなり勝負を挑むのは無謀なので、
スモールワードでも引っかかるようにし、そこからブログを
育てていく必要があります。

そうしてうまく育っていけば、グーグルも評価するようになるので、
そのうちビッグワードでも引っかかるようになったりすることがあります。

また最近は原点回帰でコンテンツseoの重要性が見直されています。
どういうことかと言うと、グーグルのアルゴリズムが進化しているため、
小手先のseo対策を排除する機能が高まっているということです。

ユーザーの満足度を考えずにキーワード選定だけ
頑張ったようなグーグルに対するアピールだけのサイトは、
マイナス評価をくらいやすくなってきています。

seoの目的はグーグルを満足させることではなくユーザーを
満足させることなので、グーグルのアルゴリズムの
穴だけを突くやり方は嫌われるのです。

NGなSEO対策

コンテンツだけでなく、キーワード選定やURLやブログタイトルを
機能的にする必要ももちろんあるのですが、その際は
グーグルとユーザーの両方が見やすいものという観点で
考えることが必須です。

要するにユーザーは見にくいだろうけど、グーグルには
これで引っ掛かるだろうというのは辞めた方が良いということです。

ひと昔前なら可能だったかもしれませんが、今はユーザーが
見にくいかどうかの判定もグーグルは行っています。

NEXT

「HOME」へ→→→

インプレッション アクセシビリティ 解析   アドバンスドサーチ   アドワーズ   アンカーテキスト